人生で初めて新大阪のデリヘルを利用したときのことを書きたいと思います。

まだ大学を卒業したばかりのことです。大学も卒業したし自分へのご褒美だ、と何かと理由をつけ、私は初めて新大阪のデリヘルを利用することを決心しました。

まずはお店探しです。
ネットの海をさまよいながらいろんな紳士の口コミを参考にし、とうとう自分に合ったお店を見つけました。嬢の質・料金・プレイ内容と三拍子揃ったお店を見つけ我ながら大したものだと思いました。その時までは・・・。

さっそくお店に電話をし、名前を告げ(もちろん偽名)、ホームページで気に入った嬢を指名し、あとはホテルで女の子が来るまでわくわくしながら待っているだけでした。ここまでとてもスムーズで何もかもがうまくいっていると思っていました。

ホテルで女の子を待っているときは興奮で胸がドキドキでした。「まだかなまだかな~」と天使ちゃんのご来訪を待っていると、

「ピンポ~ン」とチャイムが鳴るではありませんか!!

きた!!「は~い」ガチャッ

ドアを開けると、そこにいたのは天使という言葉がもっとも似合わないモンスターでした。

大卒の私はすぐに察しました。

これがパネルマジックいわゆる「パネマジ」かと・・・
言えない・・・チェンジって言えない・・・これがデリヘルか・・・

こうして私の初めての新大阪のデリヘルは散々なものとなりました。
そのかわり、モンスターと一戦交えたので経験値を大量に稼ぐことができましたとさ。
めでたしめでたし、、、(泣)